帝京 逆転でコールド、ドラフト候補4番石川 貫禄の2打点

[ 2013年7月18日 06:00 ]

東東京大会4回戦 帝京10―1日出

(7月17日 神宮)
 帝京は初回に先制を許したものの、11安打を放ち日出を10―1の7回コールドで下した。

 今秋ドラフト候補の4番・石川は、初回1死二、三塁から逆転の左越え二塁打を放つなど2安打2打点。春以降、ノーステップ気味のコンパクトな打法で結果を残した。前田三夫監督も「気持ちが入ってる」と納得の表情を見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月18日のニュース