西田 全ウ唯一の打点、優秀選手ならず「準備していたのに」

[ 2013年7月18日 21:44 ]

6回全ウ1死三塁、西田が右前へ適時打を放つ

フレッシュオールスターゲーム 全ウ1―7全イ

(7月18日 秋田)
 ウエスタン選抜は阪神の西田が唯一の打点を挙げた。2点を先制された直後の6回1死三塁で右前適時打。「3ボール1ストライクだったので真っすぐ一本でいきました」と左打ちの巧打者らしい狙い澄ました一打に胸を張った。

 期待していた優秀選手は東浜(ソフトバンク)の手に。「着替えて準備していたのに」と苦笑いだった。2年目の20歳の内野手はフル出場も果たし「試合では話せない選手とも話せていい経験になった」と今後の成長への糧を得たようだ。

 ▼ウエスタン選抜・小川監督(投手陣に)「真っすぐ中心に投げて自分の力を試した。打たれた結果から学んでくれれば」

 ▼西川(1安打1盗塁)「塁に出たら、積極的にいこうと狙っていた」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月18日のニュース