頭部に打球直撃の大野 骨に異常なく打撲と診断

[ 2013年7月18日 06:00 ]

<広・中>7回裏2死、丸の打球を頭にうけ今中コーチ(右)とベンチへもどる大野

プロ野球 セ・リーグ 中日4-2広島

(7月17日 マツダ)
 中日の先発・大野が、7回に丸の打球を左側頭部に受けて降板した。

 一度はうずくまったが、打球を確認してベースカバーに向かった。意識ははっきりしており、広島市内の病院で検査を受けた結果、骨に異常はなく打撲と診断された。中4日のマウンドで7回途中2失点の好投を見せた左腕について、高木監督は「大丈夫じゃないか。後の様子を見れば」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月18日のニュース