信越ク 3回6失点で逆転負け「力の差思い知らされた」

[ 2013年7月18日 06:00 ]

<日本製紙石巻・信越硬式野球クラブ>初戦敗退にガックリと引き上げる信越硬式野球クラブナイン

第84回都市対抗野球1回戦  信越硬式野球クラブ3―7日本製紙石巻

(7月17日 東京ドーム)
 信越硬式野球クラブは2点リードで迎えた3回に6失点して逆転負け。辻利行監督は「打ち負けた。力の差を思い知らされた」と無念の表情だ。

 同監督は91年のセンバツで準優勝した松商学園(長野)のメンバーだった。コーチを経て昨夏からチームを率いており「監督として初の都市対抗で勝てなかったが、次につながるいい経験ができた」と収穫も口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月18日のニュース