伯和・入江“魔球”武器に7回1/3零封も無念

[ 2013年7月18日 06:00 ]

<TDK・伯和ビクトリーズ>力投する伯和ビクトリーズ先発・入江

第84回都市対抗野球1回戦  伯和ビクトリーズ0―2TDK

(7月17日 東京ドーム)
 伯和ビクトリーズはタイブレークで敗れたが、ルーキーの入江が7回1/3を2安打無失点に抑えた。

 1メートル82の長身からツーシームを駆使。「自分でもどっちに落ちるか分からない」と、TDK打線を幻惑した。大体大時代は同学年に松葉(オリックス)、宮川(楽天)がいたため、無名の存在だった。「大事な試合は投げていない。陰に隠れていました」と苦笑いしたが、東京ドームで潜在能力の高さを見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年7月18日のニュース