リベラ 有終MVP!全球カットで3人斬り「泣くところだった」

[ 2013年7月18日 06:00 ]

<米オールスター戦>観客のスタンディングオベーションに帽子を取り応えるリベラ

 大リーグの第84回オールスター戦は16日(日本時間17日)、メッツの本拠シティ・フィールドで行われ、ア・リーグが3―0でナ・リーグを破り、4年ぶりに勝利した。今季限りで引退する大リーグ最多セーブ記録保持者、ヤンキースのマリアノ・リベラ投手(43)が1回を3者凡退に抑えてMVPを獲得。アは通算成績を39勝43敗2分けとし今年のワールドシリーズの本拠地開幕権を得た。

【試合結果】

 中堅にあるブルペンの扉が開く。3―0の8回。リベラが姿を現すと、いつもはブーイングを浴びせるメッツの本拠地球場のボルテージは最高潮に達した。マウンドに到着しても4万5186人の歓声は鳴りやまない。帽子を取り、全方向に投げキス。幾多の修羅場をくぐり抜けてきた右腕も思わず胸が熱くなった。

 投球練習を始めても味方の選手は守備位置に就かない。「マウンドに行ったらみんなベンチで待機していて。感動してもう少しで泣くところだった」。リベラだけの特別な空間は2分間続いた。

 いつもの仕事場は9回。しかし、ジム・リーランド監督は8回に逆転され、9回裏がなくなることも考えて前倒しで起用した。「監督の判断は完璧だった。自分はとにかく投げたかった」。心憎い演出に燃えた。投じた16球全てがカットボール。19年間自身を支えた決め球で3者凡退に仕留め、見事にMVPを獲得した。抑え投手としては初、そして最年長での受賞。今季限りでの引退を表明しているリベラのための真夏の祭典だった。

 試合前のクラブハウス。リベラはハンターに促され、部屋の真ん中へ進み「初出場の選手が多いけど、あっという間に終わってしまうから楽しむように。君たちとプレーできて本当に光栄だ」とスピーチした。「感動的で、みんな胸を打たれていた」と指揮官。これでチームは一丸となった。

 通算638セーブは歴代1位、ポストシーズン42セーブも最多だ。13度選ばれた球宴も防御率0・00で終えた。全球団で永久欠番となっている背番号42を唯一背負うことが許されている男。大観衆は最後の「42」を目に焼き付け、ベンチから携帯電話でその光景を動画撮影する選手もいた。今季は38試合で1勝2敗30セーブ、防御率1・83。引退を惜しむ声は多いが「悔いはない。ありがとう」。感謝の言葉で締めた姿は、いかにもリベラらしかった。

 ◆マリアノ・リベラ 1969年11月29日、パナマ生まれの43歳。90年にヤンキースと契約。95年にメジャー初昇格し、97年から抑えに定着した。最多セーブ3回、球宴出場13回、ワールドシリーズMVP1回(99年)。メジャー19年間、通算1089試合で77勝60敗638セーブ、防御率2.20。5度のワールドシリーズ制覇に貢献した。1メートル88、88キロ。右投げ右打ち。今季年俸1000万ドル(約10億円)。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月18日のニュース