金子 俊足魅せた!2盗塁に適時二塁打 後半戦へ「もう一回、一から」

[ 2013年7月18日 22:14 ]

7回、全イ・金子が二盗に続き三盗を決める

フレッシュオールスターゲーム 全イ7―1全ウ

(7月18日 秋田)
 西武のルーキー金子が持ち味の俊足を存分に発揮した。7回に四球で出塁すると代打赤堀の打席で二盗を決め、続く三好の打席で三盗に成功した。8回には適時二塁打も放ち「思い切ってプレーできたらと思っていた。走って良かった」と満足げだった。

 立命大からドラフト3位で入団。内野手を中心に既に1軍で55試合に出場している。後半戦に向け「どんな試合であってもやることは変わらない。もう一回、一から頑張っていきたい」と気を引き締めた。

 ▼イースタン選抜・青山監督「昨年負けていたので、ことしは何としても勝ちたいと思っていた。即席のチームとは思えない勢いがあった」

 ▼三好(7回に適時打)「いい雰囲気でやることができた。緊張したが、その中で自分のスイングができた」

 ▼下妻(捕手で途中出場し2安打)「落ち着いてプレーできたし、安打も打ててよかった」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月18日のニュース