立岡が足で貢献 川相ヘッド「大きな走塁」

[ 2013年6月5日 23:38 ]

交流戦 巨人4―1日本ハム

(6月5日 東京D)
 巨人の立岡が足で貢献した。8回2死一塁で代走に起用され、すかさずプロ初の盗塁を決めた。さらに亀井の中前打で本塁を突き「回り込んだら遅い」と真っすぐ鋭いスライディングを見せ、捕手が球をこぼした。

 川相ヘッドコーチは「大きな走塁。(相手投手の吉川は)球界でも一、二を争うクイックの速い投手。通常なら(盗塁の)スタートを切れない」と手放しで褒めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月5日のニュース