ムネリン 21打席連続無安打「塁に出なければ意味がない」

[ 2013年6月5日 15:08 ]

ジャイアンツ戦の6回、一ゴロに倒れ、ベンチで悔しそうな表情のブルージェイズ・川崎
Photo By スポニチ

インターリーグ ブルージェイズ1―2ジャイアンツ

(6月4日 サンフランシスコ)
 ルージェイズの川崎はこの日も無安打に終わり、連続打席無安打は21(5四死球、1犠打を含む)にまで伸びてしまった。

 相手の先発は2度サイ・ヤング賞(最優秀投手賞)に輝いているジャイアンツのリンスカム。チームは7回でわずか3安打と封じられ、川崎は3回の第1打席で低めの変化球をうまくバットに乗せたものの、打球は中堅手の正面に。

 5月26日を最後に安打が出ていないムードメーカーは「塁に出なければ意味がない。悔しいです。やられました」と言葉を絞り出した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月5日のニュース