日本ハム 最後は力負けも…栗山監督 前向き

[ 2013年6月5日 22:59 ]

交流戦 日本ハム1―4巨人

(6月5日 東京D)
 日本ハムはじわじわと追い詰められ、最後は巨人に力負けした。

 先発の吉川が7回1死まで無安打と好投。1―0の八回に同点とされ、最後は延長11回に増井が代打の小笠原に3ランを浴びた。栗山監督は「こういう試合を取れば(波に)乗れるというのを取れないが、吉川が吉川らしくなってきた」と、悔しい敗戦を精いっぱい前向きに捉えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月5日のニュース