ヤクルト 村中 ワイルド宣言「いい子になりすぎていた」

[ 2013年6月5日 06:00 ]

5日の楽天戦に向けて調整するヤクルトの(右から)村中、八木、石川、小川

 5日の楽天戦に先発するヤクルト・村中が、ワイルド宣言だ。

 今季は投手陣の主将に任命されながら、3勝4敗と黒星が先行している。「今までは(投球が)いい子になりすぎていた。大胆にいくところは大胆にいきたい」と最速151キロの荒れ球で強気に攻める考えだ。2日のロッテ戦(QVCマリン)では、新外国人ラルーが闘争心むき出しの投球で好投。優等生キャラを脱ぎ捨て、荒々しさを見せつける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月5日のニュース