巨人 サヨナラ勝ちで首位キープ!小笠原 サヨナラ3ラン

[ 2013年6月5日 21:38 ]

<巨・日>延長11回、サヨナラ3ランを放った小笠原はガッツポーズ
Photo By スポニチ

交流戦 巨人4―1日本ハム

(6月5日 東京D)
 巨人がサヨナラ勝ちを収め、首位を守った。

 8回に亀井の中前適時打で同点にした巨人は、延長11回に無死二、三塁で代打の小笠原が、11年8月19日のヤクルト戦(東京ドーム)以来となる2年ぶりとなる右越え3点本塁打で決着をつけた。

 日本ハムは3回、陽岱鋼が左中間へ先制本塁打を放ち先制。吉川が低めにボールを集めて、巨人打線につけ入るすきを与えず7回途中まで無安打投球を見せたが、打線が追加点を取れず、競り負けた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月5日のニュース