東大 敗退も手応え 2戦連続無失策、明大上回る10安打

[ 2013年6月5日 06:00 ]

東京六大学野球新人戦第2日・準決勝 東大2―5明大

(6月4日 神宮)
 東大は92年秋以来、3度目の決勝進出はならなかった。

 それでも前日に早大を破り新人戦の連敗を15で止めた勢いは継続し、打線は明大を上回る10安打。2安打を放った1番・飯田は「きのうはいろんな人からお祝いの言葉をもらった。練習の成果が出ている」と振り返った。守っては2試合連続無失策に「守備はみんな落ち着いてできている」と手応えを口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月5日のニュース