阪神 西岡サヨナラ打 “パワースポット”倉敷で接戦制した

[ 2013年6月5日 21:17 ]

<神・西>9回裏1死一、三塁、西岡(中)はサヨナラ適時打を放ち、ヘルメットを飛ばす

交流戦 阪神3―2西武

(6月5日 倉敷)
 阪神はここ5年で4勝1敗の“パワースポット”倉敷で西武戦を行い、3―2でサヨナラ勝ちした。

 前の試合で大敗、首位陥落しての一戦は榎田が先発マウンドに立った。

 試合は、西武が2回を除き次々に得点圏にランナーを送られながらも榎田がしのいだが、5回2死一塁から4番浅村に左越え2ランを浴び先制を許した。

 その裏、1死三塁から9番榎田の代打今成が右犠飛を放って1点を返した。6回1死二塁から4番マートンの左二塁打で追いついた。

 9回、先頭の7番新井良が右越え三塁打を放つと1死後、代打桧山は敬遠で一、三塁、1番西岡が右中間にサヨナラ打を放ち接戦に決着をつけた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月5日のニュース