和田監督 サヨナラ打の西岡称える「ツヨシは持っていますね」

[ 2013年6月5日 21:49 ]

<神・西>9回1死一、三塁、西岡(左)はサヨナラ打を放ち新井良と抱き合う
Photo By スポニチ

交流戦 阪神3―2西武

(6月5日 倉敷)
 阪神・和田監督は2点を追いついての劇的なサヨナラ勝ちにも冷静に試合を振り返った。「ツヨシは持っていますね。まっすぐ一本に絞って彼らしい積極的な気持ちの出たバッティング。目の前で敬遠されて気合が入ったのでは」と、西岡の勝負強さをたたえた。

 9回、新井良が先頭打者でサヨナラをおぜん立てした点は褒めたが、中盤の逸機には「満塁で打てなかったですけどね」と指摘。リリーフ陣の踏ん張りに支えられたことも確かで、「序盤で点を取って楽にしてくれれば」と攻撃陣の奮起を促した。

 交流戦はあと7試合「1つ1つやるだけ」と視線は目の前試合に向いていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月5日のニュース