中日 投手失策でサヨナラ!連敗止める、小田必死のヘッド!

[ 2013年6月5日 21:57 ]

<中・オ>9回、投強襲のサヨナラ打を放ち、ナインから手荒い祝福を受ける小田(中央)

交流戦 中日4―3オリックス

(6月5日 ナゴヤD)
 中日は9回にサヨナラ勝ちし、連敗を3で止めた。

 借金11を抱える中日はナゴヤドームでオリックス戦。前回対戦は敵地で連敗した。

 試合は2回2死二、三塁からオリックス先発松葉の暴投で1点を先制した。先発カブレラは毎回走者を出しながらも4回までしのいだが、5回2死一、二塁の場面で左脇腹に異変を訴え、緊急降板。2番手武藤が1番坂口に右前適時打、2番深江に連続適時打を浴び逆転された。

 6回2死一塁から8番松井雅の代打クラークが右越え2ランを放ち同点に追いついた。9回2死一、三塁から途中出場の3番小田が投ゴロ。打球は平野佳のグラブを弾き、必死のヘッドスライディングでセーフとなり、サヨナラ勝ちを収めた。

 岩瀬が今季初勝利。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月5日のニュース