榎田 5回2失点も悔やまれる先制被弾「逆球になってしまった」

[ 2013年6月5日 20:40 ]

<神・西>力投する阪神先発の榎田
Photo By スポニチ

交流戦 阪神3―2西武

(6月5日 倉敷)
 阪神先発の榎田は5回2失点でマウンドを降りた。防御率は2点台ながらも、ここまで4連敗中の2勝5敗とチームの好調ぶりと裏腹に登板が勝ちにつながらない。

 この日は2回を除いて毎回得点圏に走者を背負う投球、何とかしのいできたが5回2死一塁で西武4番浅村に先制2ランを浴びた。この回の裏に代打を送られ5安打3四球、91球で降板となった。

 榎田は、浅村に浴びた本塁打を「逆球になってしまった。悔やまれます」と振り返った。その後チームが追いつき黒星がつくことはなくなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月5日のニュース