今季2度目のサヨナラ勝ち!高木監督「そりゃ大きいですよ」

[ 2013年6月5日 22:38 ]

オリックスにサヨナラ勝ちし、高木監督(左)と握手する中日・小田
Photo By スポニチ

交流戦 中日4―3オリックス

(6月5日 ナゴヤD)
 失策で、今季2度目のサヨナラ勝ち。泥くさい勝利ではあったが、それでも連敗を3で止め、最下位転落を免れた中日の高木監督は「どんな勝ち方でも勝たないかん。そりゃ大きいですよ」と語った。

 苦しい試合展開だった。先発のカブレラが左脇腹の違和感を訴え、5回途中で降板。2番手の武藤が逆転を許したが、6回に代打クラークの2ランで追い付く執念。最後は延長目前の9回2死一、三塁。中日小田の打球をはじいたオリックス平野佳が、急いで一塁に送ったが、小田のヘッドスライディングを見せた執念が勝った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月5日のニュース