クラーク意地の同点2ラン 借金10でも前向き「1位を目指す」

[ 2013年6月5日 22:28 ]

<中・オ3>6回、クラーク(右)は右越え7号2ランを放ち井端に迎えられる

交流戦 中日4―3オリックス

(6月5日 ナゴヤD)
 先制してもリードを守れず、リードをしても追い付けない。そんなチーム状況が続く中日でクラークが意地の一打を放った。

 6回2死一塁から代打で登場、3番手岸田から打った瞬間にそれと分かる右越え同点2ラン。「いい球を待ってコンパクトに振った。貢献できてうれしい」と語り、限られた出番で結果を出した。

 チームはサヨナラ勝ちで連敗をストップ。「100%力を出し切って1位を目指す」と、借金10の苦しいチーム状況でもあくまでも前向きだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月5日のニュース