セントラル硝子・宇部工場 5連覇へ好発進

[ 2013年6月5日 06:00 ]

スポニチ後援紅龍旗争奪野球第1日 セントラル硝子・宇部工場10―0クボタ・宇都宮工場

(6月4日 東京ドーム)
 開幕し、1回戦4試合が行われた。大会5連覇を狙うセントラル硝子・宇部工場(前年度優勝)、新日鉄住金・君津製鉄所(鉄鋼)などが8強に進出した。10―06日は東京ドームで1回戦2試合が行われる。

 セントラル硝子・宇部工場は5回コールドで試合を決め、5連覇へ向け好スタートを切った。7―0の5回2死一、二塁から代打・重田が左中間にランニング本塁打。小学生以来という本塁打に「ショートの頭の上に打つのが理想。うまく打てた」。大林英二監督は「あいつが打つとは…」と驚きの表情だった。

 ▽1回戦
セントラル硝子・宇部工場
 (前年度優勝)
 013 24―10
 000 00―0
クボタ・宇都宮工場(農機)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月5日のニュース