雄星 今季最短4回で降板「単純に力不足」とガックリ

[ 2013年6月3日 20:25 ]

巨人戦に先発した西武・菊池
Photo By スポニチ

交流戦 西武3―7巨人

(6月3日 西武D)
 西武の菊池は今季最短の4回で降板し、4月20日以来の黒星を喫した。課題の立ち上がりに失点し、3回は警戒していた阿部にソロ本塁打を浴びた。「簡単にスタンドにもっていかれた。単純に力不足」と淡々と振り返った。

 防御率は1・60で両リーグトップを守った。それでも前回から中5日の登板で7安打を浴び今季ワーストタイとなる4失点。「(登板間隔は)言い訳にならない。変化球でかわしたり、カウントを整えたりする技術が必要」と課題を挙げた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年6月3日のニュース