中日 借金11…高木監「あれで勝てないんじゃ勝てんよ」

[ 2013年6月3日 22:42 ]

打線が振るわず、渋い表情の中日・高木監督

交流戦 中日1―2楽天

(6月3日 Kスタ宮城)
 中日は延長11回に力尽き、今季4度目のサヨナラ負け。あと一本が出ずに3連敗となり、高木監督は「何もない。あれで勝てないんじゃ勝てんよ」と不機嫌モードだった。

 1点を追う9回、森野、ルナの連打で無死二、三塁とし、和田が土壇場で左前へ同点打を放ち23イニングぶりに得点。さらに山崎が四球を選び、無死満塁の絶好機に、藤井、堂上直が連続三振を喫すると、続く小田も一ゴロに倒れ、指揮官は「ノーアウト満塁だよ」と怒り心頭だった。

 2試合で1得点に終わった仙台遠征。何もかもがかみ合わず、借金だけが11に膨れ上がった。

 ▽和田(9回に同点打)「チャンスだったのでランナーをかえすことだけ考えていました」

 ▽ブラッドリー(7回1失点)「守備を信じて、狙ったところに投げました。(失投は)1球だけです」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月3日のニュース