好機での凡退悔む青木「今日はあの打席がすべて」

[ 2013年6月3日 08:34 ]

フィリーズ戦の9回、好機で左飛に倒れ、顔をしかめるブルワーズ・青木

ナ・リーグ ブルワーズ5―7フィリーズ

(6月2日 フィラデルフィア)
 ルワーズの青木は8回に出場11試合ぶりの打点となる適時打を放ったものの、9回の好機での凡退を悔やんだ。

 2点を追う9回1死二、三塁。外角の速球を打ち損じて浅い左飛に倒れ「高めのボール球に手を出した。あそこはバットを止めなければいけない」と反省を口にした。

 2008年にサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)を受賞した屈指の左腕リーから放った8回の適時打も喜ぶことなく「今日に関してはあの(凡退した)打席がすべて」と唇をかんだ。(共同)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年6月3日のニュース