パディーヤ 7回バテた「最後は少し疲れていたかも」

[ 2013年6月3日 06:00 ]

<ソ・神3>7回2死二塁、柴田に適時打を浴び降板するソフトバンクのパディーヤ

交流戦 ソフトバンク3-4阪神

(6月2日 ヤフオクD)
 6回まで2安打と好投していたソフトバンクのパディーヤが、7回に崩れた。

 高めに浮いた速球を痛打され、この回途中に3失点で降板。今季最多の103球で「制球に問題があった。最後は少し疲れていたかもしれない」と振り返った。6回までは毎回の7奪三振だった。右腕は「本来は打たせて取るピッチャー。今度は自分の投球ができれば」と話した。

 ▼ソフトバンク・内川(藤浪の前に好機で2三振を含む3打数無安打)藤浪にはまた僕も頑張らないと、という思いにさせてもらいました。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月3日のニュース