谷元 ブランコに雪辱 8回5安打1失点で2勝目

[ 2013年6月3日 21:32 ]

<日・D>6回のピンチを1点で切り抜け、拳を握りガッツポーズの日本ハム・谷元

交流戦 日本ハム7―1DeNA

(6月3日 旭川)
 日本ハム先発の谷元が、5月3日の楽天戦(Kスタ宮城)以来31日ぶりとなる今季2勝目。自己最長となる8回を投げ「疲れました」と話すが、5安打1失点の見事な投球を見せた。

 5点リードで迎えた6回に1点を許し、さらに無死満塁でブランコを迎える。5月18日(横浜)に3ランを喫しているだけに、雪辱への思いが「めっちゃくちゃありました」という。気持ちの入った投球で右飛に打ち取り、二塁走者・梶谷が飛び出した走塁ミスに助けられた。三塁から押し出された三塁走者の金城がタッチアウト。併殺となり、ラミレスを三ゴロに仕留めて唯一のピンチを最少失点で切り抜け、ガッツポーズを見せた。

 気温13度の旭川でのナイター。「寒い中ありがとうございました」とファンに頭を下げる右腕に熱い声援と温かい拍手が送られていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月3日のニュース