黒田2本塁打を反省「一発に気を付けないとと思いました」

[ 2013年6月3日 16:23 ]

レッドソックス戦の6回途中、降雨で試合が中断し、ベンチに戻るヤンキース・黒田

ア・リーグ ヤンキース0―3レッドソックス

(6月2日 ニューヨーク)
 ヤンキースの黒田には悔しい4敗目となった。45分遅れで試合開始。六回に3点目を失い、激しい雨が降り始めて中断、そのまま降板した。「これも野球のうち。仕方ない」と自分に言い聞かせるように話した。

 空模様が悪いことは分かっていた。「いつもより集中して、飛ばしていこうと」立ち上がりは順調だったが、中盤になって2本塁打を許すなど3失点。「この球場では一発で決まってしまうゲームが多い。あらためて一発に気を付けないとと思いました」と反省した。(共同)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年6月3日のニュース