後味悪いコールド敗戦 ジラルディ監督「欲求不満がたまるが…」

[ 2013年6月3日 15:00 ]

レッドソックス戦の6回、降雨で試合が中断し、ベンチで再開を待つヤンキースの選手

ア・リーグ ヤンキース0―3レッドソックス

(6月2日 ニューヨーク)
 ヤンキースのジラルディ監督は「欲求不満がたまるが、仕方ない」とコールドゲームによる敗戦にさばさば話した。レッドソックス先発のバックホルツには「すべての球の制球がよかった」とほぼお手上げだった。

 イチローは2回の第1打席で二塁内野安打。外角のチェンジアップを二遊間に転がしてチーム初安打を記録したが、中盤で打ち切られた試合で、それ以外の見どころはなし。ヤンキースにとっては後味の悪い黒星となった。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月3日のニュース