川崎、好機に併殺打「結果を求めているので残念」

[ 2013年6月3日 16:37 ]

パドレス戦の1回、ヘドリーの一ゴロで一走アマリスタ(右)を二封、一塁に送球し併殺とするブルージェイズ・川崎

インターリーグ ブルージェイズ7―4パドレス

(6月2日 サンディエゴ)
 ブルージェイズの川崎は2点を追う4回1死一、三塁で、外角球を引っ掛けて二ゴロ併殺打に倒れ「一番いい結果を求めているので残念だった」と悔しがった。

 守備では6回に二塁盗塁を刺したと思われたタイミングでセーフと判定され、不満げな顔を見せる場面もあった。同点の8回に代打を送られたが、チームは延長11回に3点を奪って連敗を「3」で止めたこともあり、試合後は明るい表情だった。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月3日のニュース