江村兄弟の対決は兄・将也に軍配「優しい弟でよかった」

[ 2013年6月3日 22:48 ]

8回、ロッテ・江村直也(左)を遊ゴロに打ち取った、兄のヤクルト・江村将也

交流戦 ロッテ4―0ヤクルト

(6月3日 QVC)
 ロッテが4点リードの8回に江村兄弟の対決が実現した。ヤクルトの25歳、将也がこの回から登板し、1死から先発マスクをかぶった21歳の直也が打席に。兄がすべて直球勝負で遊ゴロに打ち取り「ボール球を振ってくれる優しい弟でよかった」と笑った。

 アマチュア時代にもなかったという対戦には負けたものの試合を制した弟は「(チームが)勝ったのでよかった」とまじめな受け答え。伊東監督は「プロ野球選手冥利に尽きると思う」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月3日のニュース