敦賀気比エース岸本 甲子園初完封「自分がという気持ちで」

[ 2013年3月29日 06:00 ]

<盛岡大付・敦賀気比>敦賀気比・岸本は最後の打者を三振に仕留め雄たけびを上げる

第85回センバツ高校野球大会第7日3回戦 敦賀気比3―0盛岡大付

(3月28日 甲子園)
 京都翔英戦から中1日で登板した敦賀気比(福井)のエース岸本が、甲子園初完封でチームを10年以来となる春最高の8強に導いた。

 「1、2回戦は打線に頼っていた。きょうは自分がという気持ちで投げた」。この日初戦を迎えたチームもある中、22日の開幕戦からすでに3試合目。疲労もあり、毎回のように走者を背負ったが、昨秋の公式戦8試合で防御率0・36の粘り強さを発揮した。5回には自ら適時二塁打も放った右腕は「決勝までいけると信じている」と意気込んだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年3月29日のニュース