浦和学院大勝もエースは不満「無駄な四死球が多かった」

[ 2013年3月29日 14:51 ]

第85回選抜高校野球 浦和学院11―1山形中央

(3月29日 甲子園)
 浦和学院のエース小島は、5回に死球から連打を浴びて1点差に迫られるなど5四死球。8回1失点とまずまずの結果だったが「無駄な四死球が多かった」と納得がいかない様子だった。

 中1日で北照と4強を懸けた戦いに臨む。同じ左腕で軟投派の北照・大串と投げ合うことに「胸を借りる気持ちで投げたい。一つの失投で試合が決まるので魂を込めたい」と意気込んだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年3月29日のニュース