寺内&沢村 栃木市ふるさと大使に就任

[ 2013年3月29日 06:00 ]

「栃木市ふるさと大使」の名刺を持つ巨人の寺内(左)と沢村

 巨人の寺内、沢村が出身地の栃木県栃木市から「栃木市ふるさと大使」を委嘱された。

 同大使は昨年から市のPRを目的に設けられ委嘱期間は2年間。球界ではロッテ・渡辺も名を連ねる。山本元久副市長(59)から委嘱状と名刺、名産の栃木いちごスカイベリーを手渡された沢村は「なかなか帰れないが高校まで育った場所。凄く人や町の雰囲気が温かい故郷です」と魅力を口にした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年3月29日のニュース