盛岡大付 甲子園2勝目ならず 1球勝利の及川が敗戦投手に

[ 2013年3月29日 06:00 ]

<盛岡大付・敦賀気比>5回途中3失点で降板する及川(右)

第85回センバツ高校野球大会第7日3回戦 盛岡大付0―3敦賀気比

(3月28日 甲子園)
 甲子園2勝目には届かなかった。盛岡大付(岩手)は春夏通算10回目の出場で初勝利を挙げた2回戦(対安田学園)で救援し、1球で勝利投手になった背番号1の左腕・及川が先発。5回途中3失点で降板し「調子はよかったけど、スタミナ不足で5回に制球が甘くなった」と肩を落とした。

 2回戦で先発した右腕・松本が好救援したが、打線が6イニングで先頭打者を出しながら沈黙。関口清治監督は「全ての面でレベルアップしないと甲子園では勝てない」と夏へ出直しを誓った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2013年3月29日のニュース