岡島 痛恨の被弾 マイナー決定的「結果が全ての世界」

[ 2013年3月29日 06:00 ]

<アスレチックス・ロッキーズ戦>5回、本塁打を浴び顔をしかめるアスレチックス・岡島

オープン戦 アスレチックス6―5ロッキーズ

(3月27日 フェニックス)
 アスレチックス招待選手の岡島は5回1死から2番手として登板し、主砲トロウィツキーに左中間へソロ本塁打を浴びた。

 決め球のチェンジアップが甘く入り「調子は良かったのに、あの1球だけだった。外に落ちず下に落ちた」と悔やんだ。オープン戦9試合に登板して防御率5・79で、被本塁打は3。地元メディアではマイナーでの開幕が決定的と報じられており、岡島は「結果が全ての世界。下でいい投球を続けて、声が掛かるのを待つ」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年3月29日のニュース