大谷 開幕安打で張本超えだ!球団54年ぶり高卒新人スタメン濃厚

[ 2013年3月29日 06:00 ]

2軍の西武戦で中継ぎ登板し、9回2死二塁、三振を奪った日本ハム・大谷はマウンドで仁王立ち

パ・リーグ 日本ハム―西武

(3月29日 西武D)
 プロ野球は29日、セ・パ同時開幕で2013年シーズンがスタートする。日本ハムの二刀流ルーキー大谷翔平投手(18)は、球団の高卒新人野手として1959年の張本勲(スポニチ評論家)以来、54年ぶりとなる開幕スタメンが濃厚。二刀流調整を続ける大谷は28日、イースタン・リーグで中継ぎ登板したため、開幕前日に打撃練習をしない異例の最終調整で大一番を迎える。張本も記録できなかった開幕戦安打を目指し、大谷がプロとしての第一歩を踏み出す。

 いよいよその時がやってきた。開幕前日。右肩にアイシングをして会見場に姿を見せた大谷の表情は、いつも通り穏やかだったが瞳には闘志をみなぎらせていた。

 「楽しみです。勝ちに貢献できるよう準備をしっかりして、出たところで頑張りたい。監督に行ってほしいと言われたところで結果を出せるようにしたい」

 西武の開幕投手は右腕の岸。大谷は「8番・右翼」での先発出場が濃厚だ。高卒野手の開幕スタメンとなれば1959年の張本勲氏以来、球団では54年ぶりの快挙。プロ23年で通算3085安打を放った安打製造機の張本氏は、1年目で新人王を獲得したものの開幕戦は通算350勝を挙げた米田哲也(阪急)の前に三振。初安打は翌日の2戦目だった。初陣を迎える後輩に対して張本氏は「まだ(体の)線は細いが18歳のバッティングではない。魅力があるし(あしたが)非常に楽しみだ」とエールを送った。日本ハムでは過去に開幕スタメンで出場した高卒新人が開幕戦で安打を放った例はなく、大谷が安打を打てば、球団史上初の快挙となる。

 二刀流に挑んでいる大谷はこの日、1軍が開幕前日練習を行った西武ドームから遠く離れた千葉・鎌ケ谷のイースタン・リーグ、西武戦で中継ぎ登板。2回を1安打1失点だった。球場のスピードガンで最速152キロ、ネット裏の西武のスピードガンは156キロをマークした。それでも制球が定まらない内容には「慎重になりすぎた。もっとアバウトにいけば良かった」と反省を口にした。33球を投げた大谷の開幕スタメンについて栗山監督は「ゼロではないし、無理をさせるところではない」ときょう29日の体の回復状況次第ではスタメン回避の可能性があることを示唆したが、球団幹部は「何も問題がなければそういう(スタメン)形になるのでは」と話した。

 キャンプ終盤から1軍に合流してチームの雰囲気にも慣れた。積極的に先輩選手にも声をかけ、周囲の冗談には必ず笑顔で切り返す18歳は先輩からも可愛いがられている。大谷は投球に専念したため、前日に打撃を行わない異例の調整で開幕を迎えるが「試合前の練習では打てるのでイメージだけはしっかり持っていきたい。岸さんは凄く素晴らしいピッチャー。持っている力を出せればいい」と意気込んだ。

 日本球界を選択したことが間違いではなかったことを証明するための第一歩。18歳、大谷翔平の挑戦がいよいよ幕を開ける。

 ≪打てば球団史上初≫日本ハムで高卒新人ながら開幕戦に先発出場したのは、東映時代の56年3月21日毎日戦(駒沢)で牧野伸(9番投手)、59年4月10日阪急戦(駒沢)で張本勲(6番左翼手)と2人いる。ともに1打席だけで牧野は荒巻淳、張本は米田哲也の前に三振。チームで安打を記録した打者はいない。

 ≪開幕戦に先発し安打した高卒新人野手≫

 ◇中西太(52年・高松一→西鉄) 3月21日の近鉄戦に7番・三塁で出場。相手先発の沢藤に1打席目こそ遊ゴロに打ち取られたが、2打席目に初安打となる二塁打。

 ◇矢ノ浦国満(60年・東筑→近鉄) 4月9日の東映戦に7番・遊撃で出場。初打席で、相手エースの土橋から中前打を放つと4打席目には左前打といきなりのマルチ。

 ◇立浪和義(88年・PL学園→中日) 4月8日の大洋戦に2番・遊撃で出場。2打席凡退したが、チームもそれまでわずか1安打に抑えられていた欠端から7回に二塁打。

 ◇炭谷銀仁朗(06年・平安→西武) 3月25日のオリックス戦に8番・捕手で出場。遊併、遊ゴロで迎えた7回の3打席目に、相手先発の川越から中前打。(※2リーグ制以降)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年3月29日のニュース