Aロッド 13年連続最高年俸 アストロズ総年俸より高く

[ 2013年3月29日 11:09 ]

 AP通信は28日、大リーグの年俸に関する調査結果を発表し、ヤンキースのロドリゲス内野手が2900万ドル(約27億3000万円)で13年連続のトップだった。ロドリゲスは1月に左股関節の手術を受け、今季中の復帰が危ぶまれている。2位はフィリーズのリー投手の2500万ドル。

 球団別ではヤンキースが総額2億2899万ドル(約215億円)でトップ。ドジャースは大型補強で2位の2億1630万ドルに達した。30球団で最下位は2432万ドルのアストロズでロドリゲスの年俸より安かった。

 日本選手では1500万ドル(約14億1000万円)の黒田投手(ヤンキース)が最高。950万ドルのダルビッシュ投手(レンジャーズ)、ともに650万ドルのイチロー外野手(ヤンキース)と岩隈投手(マリナーズ)が続く。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年3月29日のニュース