パ連覇へ好スタート 武田勝負傷降板も継投成功

[ 2013年3月29日 21:37 ]

5回日本ハム無死、大谷が右翼線にプロ初安打となる二塁打を放つ

パ・リーグ 日本ハム5―3西武

(3月29日 西武D)
 日本ハムは2―2の6回に大引、大谷の連続適時打で2点を勝ち越し、9回は中田の中前打で1点を加えた。先発の武田勝が4回途中に負傷降板したが、細かい継投で逃げ切った。西武は先発の岸が粘れず序盤のリードを守れなかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年3月29日のニュース