新人金子は収穫と課題、2安打2得点も守備でミス2回

[ 2013年3月29日 23:04 ]

2回西武無死、金子がバットを折りながらプロ初安打となる遊撃内野安打を放つ

パ・リーグ 西武3―5日本ハム

(3月29日 西武D)
 新人で開幕戦先発出場を果たした西武の金子は収穫と課題が出た。打っては2安打2得点の活躍。2回の初打席で遊撃への内野安打でプロ初安打をマークした。記念すべき一打はバットが折れて記録したもので「ああいうヒットはなかなかない」と苦笑した。

 一方で、慣れない右翼の守備はミスが出た。3回は西川の鋭い打球に目測を誤り、6回は本塁への送球が乱れて失策を記録。「悔しかったら練習してできるようになるしかない」と反省も忘れなかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年3月29日のニュース