岸 大谷に2安打浴び「いい打者です」、初の大役果たせず

[ 2013年3月29日 22:25 ]

日本ハム戦に先発した西武・岸

パ・リーグ 西武3―5日本ハム

(3月29日 西武D)
 初の開幕マウンドを任された西武の岸は3、6回の投球が悔やまれた。2―0の3回は2死無走者から3連打で同点を許した。6回は2死二塁から大引、大谷に適時打を浴びた。「回を追うごとに球数が多くなった。球が高かったのがすべて」と責任をかぶった。

 日本ハムの大型新人の大谷には2安打を許した。6回は初球を打たれ「簡単にストライクを取りにいったわけじゃないけど、結果的にそうなった。いい打者です」と実力を認めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年3月29日のニュース