浦和学院 11点大勝 2年連続年春8強

[ 2013年3月29日 13:07 ]

6回表浦和学院無死、高田が左越えに本塁打を放つ。投手高橋凌、捕手羽賀

第85回選抜高校野球 浦和学院11―1山形中央

(3月29日 甲子園)
 第85回選抜高校野球大会29日、3回戦を行い、第2試合は浦和学院(埼玉)と山形中央が対戦。6回以降に得点を積み重ねた浦和学院が13安打を放ち、11―1で大勝。2年連続8強に進んだ。

 1点差に迫られた浦和学院は6回、4番高田のソロ本塁打で再度突き放すと、打線が爆発。6回に3点、8回に5点を奪い、山形中央を圧倒した。

 山形中央は散発5安打で最少得点止まり。投手陣が総崩れとなり、終盤は攻撃も淡白になった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2013年3月29日のニュース