中田、CS初打点!本塁打は「日本シリーズで」

[ 2012年10月19日 21:57 ]

1回2死一塁、中田が左越えに先制二塁打を放つ。捕手細川

パ・リーグCSファイナルS第3戦 日本ハム4―2ソフトバンク

(10月19日 札幌D)
 日本ハム・中田がCSで“大きな”初打点を挙げた。初回、糸井が四球で出塁し、回ってきた第1打席だった。2死一塁から、左翼フェンス直撃の先制二塁打。4番打者の一打が連勝中のチームにさらなる勢いをもたらし、稲葉、小谷野、ホフパワーの連打でこの回計3点を奪った。

 「先っぽだったが、いいポイントで振り切れたので良かった」。

 もう少しで左翼スタンドへという当たり。試合後、お立ち台で「力があるんでね」と話し、札幌ドームのファンを沸かせた中田。「僕の前で糸井さんがホームラン打つんで、1本ぐらい打ちたいなと思っていたんですが…。この借りは日本シリーズで返したい」と、大舞台での“打ち直し”を誓っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年10月19日のニュース