負ければ最後の小久保「ここまで来たら開き直るしかない」

[ 2012年10月19日 06:00 ]

<日・ソ>出番のなかったソフトバンク・小久保は試合終了後グランドに一礼して引き揚げる

パ・リーグCSファイナルS第2戦 ソフトバンク0―3日本ハム

(10月18日 札幌D)
 今季限りで引退するソフトバンク・小久保がナインを鼓舞した。負ければ最後のユニホーム姿となり、チームにとっても小久保にとっても正念場の第3戦。「きょうのことは忘れ、ここまで来たら開き直るしかない。投げやりではなく、開き直りでな」と目をつり上げた。

 この日は日本ハム・武田勝との相性を優先し一塁を明石に譲ったが、第3戦は先発出場が確実。「3位からの日本一」へ、神通力を発揮する。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月19日のニュース