坂本 先制打も…「切り替えていくしかない」

[ 2012年10月19日 06:00 ]

<巨・中>初回1死一塁、巨人・坂本は先制点となる右翼線適時二塁打を放つ

セ・リーグCSファイナルS第2戦 巨人2―5中日

(10月18日 東京D)
 巨人は坂本の先制打も勝利にはつながらなかった。初回1死一塁から右翼線への適時二塁打。3点を追う9回には先頭で左前打を放って出塁したが、後続が倒れた。

 第1戦でも1安打1四球。低調な打線の中で好調を維持している3番打者は「負けた試合を引きずっていても仕方ない。切り替えていくしかない」と前を向いていた。

 ▼巨人・石井(8回2死一、三塁で代打も遊直)当たりは完璧。抜けたと思って3歩歩いたら捕られていた。どこかで流れを変えるしかない。

 ▼巨人・村田(5番から6番に下がったが2試合で7打数無安打)悪くはないんですけどね。しょうがない。自分のスイングはできると思うし、そのうち出ると思う。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月19日のニュース