浅尾 CS5戦皆勤もしのいだ「疲れはそんなにない」

[ 2012年10月19日 06:00 ]

<巨・中>8回、代打・石井の打球を美技で遊直にさばいた井端と握手する中日・浅尾(右)

セ・リーグCSファイナルS第2戦 中日5―2巨人

(10月18日 東京D)
 中日・浅尾が8回2死一、三塁で先発の伊藤を救援。長野には右前適時打を許したが、続く代打石井の打球は遊直となりピンチをしのいだ。ファーストS第1戦から5試合全てに登板する右腕は「疲れはそんなにない」と気丈に話した。

 セではリーグ優勝チームにアドバンテージの1勝が与えられるようになった08年のCSから、優勝チーム以外がファイナルSを突破したことはない。浅尾が日本シリーズ進出に向けて粉骨砕身している。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月19日のニュース