大島 珍内野安打で乗った!仕上げはPS初本塁打

[ 2012年10月19日 06:00 ]

<巨・中>初回、中日・大島(左)の投ゴロを捕球するホールトンだったが、ボールがグラブに挟まったまま一塁へトスも内野安打に

セ・リーグCSファイナルS第2戦 中日5―2巨人

(10月18日 東京D)
 手が付けられない。中日・大島が初回、珍しい内野安打で出塁した。ホールトンへの投ゴロが、グラブの隙間に挟まり抜けなくなった。慌てて一塁に走り寄ったホールトンが、グラブごと一塁手の亀井に放り投げたが、判定はセーフ。グラブが渡ったのは大島が駆け抜ける前だったため、原監督が抗議したが、橘高淳一塁塁審は「グラブは捕ったが、正規の捕球とはみなされない」と説明した。

 仕上げは6回のソロ本塁打。窮屈な膝元の直球を鋭い回転で右翼席に運んだ。「シーズンでも1本しか打ってないのに」と笑ったが、今季の成長を示した一発だった。右方向へ強い当たりを打つために、内角球へ踏み込み、前で球を捉える打撃を繰り返してきた。結果、死球がリーグ3位の13に増えたが、打率も3位の・310を残した。

 ポストシーズンに入ってCSファーストS第1戦から5試合連続安打で23打数12安打。「今年やってきたことができている」と納得の表情を浮かべたプロ3年目。大舞台でたくましさを増している。

 ◆公認野球規則二・一五 CATCH「キャッチ」(捕球)――野手が、インフライトの打球、投球または送球を、手またはグラブでしっかりと受け止め、かつそれを確実につかむ行為であって、帽子、プロテクター、あるいはユニホームのポケットまたは他の部分で受け止めた場合は、捕球とはならない(後略)。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年10月19日のニュース