武田久 連続セーブ「いい緊張感でできている」

[ 2012年10月19日 06:00 ]

<日・ソ>2戦連続セーブの日本ハム・武田久(左)は稲葉(中央)、鶴岡と喜ぶ

パ・リーグCSファイナルS第2戦 日本ハム3―0ソフトバンク

(10月18日 札幌D)
 日本ハム守護神の武田久が2試合連続セーブを挙げた。3点リードの9回から登板して1死からペーニャに左前打を許すも後続を斬り「感触はきのうよりよかった」と手応えを見せた。

 9月にリーグ新記録となる11セーブを挙げて自身初の月間MVPを獲得するなど好調を維持。「自分が投げているということはチームが勝っているということ。いい緊張感でできている」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月19日のニュース