好返球の陽岱鋼「肘はだいぶ良くなった」

[ 2012年10月19日 06:00 ]

<日・ソ>6回1死三塁、内川の中飛で三走・松田を本塁で刺す日本ハム・陽岱鋼

パ・リーグCSファイナルS第2戦 日本ハム3―0ソフトバンク

(10月18日 札幌D)
 日本ハム・陽岱鋼は鮮やかな本塁返球について「(飛球が)上がった瞬間に刺そうと決めていた」と振り返った。右肘痛の影響でシーズンではシートノックを外れる試合もあったが「肘はだいぶ良くなった。大事な試合で刺せてよかった」と笑顔。

 栗山監督は「きょうは岱鋼。センターからだとマウンドがあって難しい。あそこでキチッとストライクに投げてくれた」と称えていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月19日のニュース