「重圧を取り除いてくれた」タイガース盤石の先発投手

[ 2012年10月19日 11:05 ]

<タイガース・ヤンキース>6年ぶりワールドシリーズ進出を決め、喜ぶタイガースの選手たち
Photo By スポニチ

ア・リーグ優勝決定シリーズ第4戦 タイガース8―1ヤンキース

(10月18日 デトロイト)
 タイガースのリーランド監督はヤンキースを相手にしての4連勝に「先発投手が鍵だった。よく投げて、チームの重圧を取り除いてくれた」とうなずいた。

 この日も右腕シャーザーが6回2死までを1失点、10奪三振と好投。5回までは安打を許さず「攻撃的にいけた」と納得の表情を浮かべた。

 盤石な先発投手と強力打線がかみ合ってのリーグ優勝。28年ぶりのワールドシリーズ制覇に向け、監督は「平常心で臨みたい」と冷静だった。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月19日のニュース