落球の内川&失投の森福が号泣…ソフトB4連勝しかない

[ 2012年10月19日 06:00 ]

<日・ソ>試合後、ベンチから動けなかったソフトバンク・内川(左)は井出コーチに励まされる

パ・リーグCSファイナルS第2戦 ソフトバンク0―3日本ハム

(10月18日 札幌D)
 試合終了後、ベンチに腰を下ろしたソフトバンク・内川はタオルで顔を覆った。その目には涙が浮かんでいた。初回2死三塁、中田の左翼ライナーをグラブの土手付近に当てて落球。井出外野守備走塁コーチは「(バットの)先っぽだったし、ライトが目に入ったみたい」とかばったが、このタイムリーエラーが決勝点となった。報道陣には「頑張ります」とだけ言い残し、足早にバスへ消えていった。

 悔し涙を流したのは一人だけではない。勝ち越し打を許した前夜と同じ7回に救援した森福だ。1死二塁から代打・杉谷を右飛に取ったが、続く糸井には初球122キロスライダーを右翼席へ運ばれた。2試合連続で痛恨の一打を浴びた左腕はベンチに戻ると両手で顔を覆い、むせび泣いていた。試合後は「失投でしょう」と下を向いた。

 昨年の中日との日本シリーズ第4戦(ナゴヤドーム)で1点差の無死満塁をしのいだ「森福の11球」で、球界を代表するセットアッパーとなった。10年から通じてポストシーズン10試合連続無失点で臨んだファイナルS。しかし、2夜連続の悪夢となった。

 崖っ縁に立たされたが、秋山監督だけは冷静だった。「ハムさんは強いね。糸井が打つからな。残り4つだ。いいんじゃない。開き直っていけばね」。きょう19日の第3戦からは摂津、大隣、武田と先発は万全だ。諦めるにはまだ早い。追い込まれた王者の意地を見せる。

 ▼日本ハム・中田(初回2死三塁、ライナーを左翼の内川が落球して先制)どんな形であれ、試合に勝てばいいと思っているのでよかったですね。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月19日のニュース