広島 来季1軍投手コーチにOB古沢憲司氏

[ 2012年10月19日 06:00 ]

 広島の来季1軍投手コーチに、球団OBでドミニカ・カープアカデミー臨時コーチの古沢憲司氏(64)が就任することが18日、分かった。球団幹部が同日「(就任要請を)快諾してもらった。コーチ経験があるし、野村監督がやりやすいのが一番」と語った。

 同氏は阪神、西武、広島に在籍した現役22年間で87勝(115敗)。93年からは広島1軍、同2軍、阪神2軍で投手コーチを歴任し、阪神時代には井川(現オリックス)の土台を築いた。大野豊投手チーフコーチ(57)が今季限りで退団、OBから後任の人選を急いでいた。

 

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月19日のニュース